BLOGブログ
BLOG

感情を出すためには!

2018/07/27
ロゴ

感情を出すためには?

本日は声優レッスンクラスの講師をさせていただきました。
初心者が多いクラスではありますが、そろそろかと思い感情を強制的に出すカリキュラムを実施しました。

しかし…

みんなまじめでいい子たちなのでなかなか本心(本当の感情が出てきません)が出てきません。

ではなんで感情が出ないか?
皆さんはなんでだと思いますか?

考えてみてください







 







どうです?

通常、人は感情に左右されながら生きてます。
つまり物事が送るもしくは人の話から脳が考え&感じ取り
感情が生まれます。
感情により、行動や表情や言語が出ます。

そう、つまり無意識で普段やっていることを意識してやる(演技)と
普段やっていることとは異なるので脳が拒絶反応を起こし
上手くいきません。
じゃ、どうすればできる?

はっきり言うと演技してるときに考えすぎてはだめです。
無意識にセリフが出てくるくらい相手を感じながら演技をすることです。
感覚が大事なんです。
だから、めちゃめちゃ考えて芝居をする人は感情を出すことが難しいのです。
考える人は失敗を恐れる、上手くやろうとする、周りを気にする、自分で勝手にルールを作るので演技がなどネガティブがちなんです。

感覚を大事にするには
演技を自由に楽しく、失敗を恐れない、勇気と自信を持つ、自分らしくやる、余計な演技をしないなど。

いうのは簡単ですが、やるのは難しいです。
そのために私がいます。
ここでどうすればいいのか書くのは簡単ですが
人によって症状がちがうのであなたに当てはまらないかもしれません。
それに見ながら修正しないと変な思い込みや考え、変な癖が身についてしまうと取るまでに早くて半年、遅くて1年以上かかります。

それを指導できる講師も少ないのも事実です。
演技に悩んだならすぐに演劇ワークショップに来てくださいな。
しっかり指導しますよ。

甲斐