ワークショップの特徴

演劇ワークショップの特徴
演劇ワークショップでは、皆様に楽しく学んでいただき、少しでも早く夢に届くよう、7つのテーマを持って日々指導にあたっております。
勉強でも仕事でも、嫌な事はなかなか覚えられませんが、楽しく学ぶと不思議とすぐに覚えてしまいます。演劇ワークショップでは、楽しく学び、集中力を高められるように工夫をした講義を行っております。
専門学校や養成所が学校ならば、演劇ワークショップは塾です。
学校では教えない事を教え、目標に向かって最短で進めるように指導いたします。
・養成所等に合格するために受講する。
・養成所等と並行受講して、ライバルに差をつけたい。
・事務所に所属したい。
そんな皆様の夢をお手伝いいたします。
演劇ワークショップでは、定期クラスに入講すると、別日程で開講されているほかの定期クラスに参加していただくこともできます。別クラスの受講生の方とコミュニケーションを取ることによって、視野を広めることができます。また演劇に関してのワークショップ以外にも、行事やイベントをたくさんご用意いたしております。積極的に参加して、ほかのクラスの方々と交流し、チームワークやコミュニケーションを学んでください。
演劇ワークショップでは、1クラスの定員を15名程度としております。これは講師が受講生の方を、個別に見られる限界の人数です。一人一人をきちんと見て、長所を伸ばし、欠点をなくす。その様な方法で自分らしさを持った、個性のある役者を育てております。
時代は日々変わり、演出方法もどんどん進化しています。だからこそ演劇ワークショップの講師は、全員現役で活躍しています。演出理論だけでなく、実践的な演出手法を取り入れ、現在現場で求められている最新の演出方法にのっとって指導いたします。
演劇ワークショップでは、定期クラスだけでなく、さまざまな単発クラスも準備しております。
あなたのレベルに合ったクラス、スケジュールに合ったクラス、自分の弱点を克服できるクラス等、受講したいと思ったクラスを選んで、スキルアップに繋げてください。
演劇ワークショップでは、演技指導をするだけではなく、様々な作品に出演するチャンスもあります。自分を磨いて、その成果をチャンスに変えてください。
開催中のワークショップはこちら
pagetop